RESCについて

経営理念

RESC(レスク)は、自然災害にも強く、再生可能エネルギーを基盤としたe-モビリティ社会「次世代型スマートシティ」の実現を目指して創設されました。次世代型スマートシティの実現には、新しいエコシステム(=仕組み)が必要であると考える当社は、通信化、標準化と共有化によるカセット型バッテリーのユビキタス化を提案しています。

当社のカセット型バッテリー「バッテリーキャリー」は、便利なキャリーバックスタイルで、内蔵されたBluetoothモジュールによりスマートフォンでの情報表示と操作が可能です。 更にバッテリー情報は、ネットワークによりクラウドサーバーにもアップされ、バッテリーキャリーの常時接続管理が可能です。

バッテリーキャリーを活用した製品は、現在のところ4種類存在します。1つ目は、おしゃれなイタリアンデザインの電動バイク「スカルピーナ」。2つ目は、配達業務に最適な電動3輪バイク「エコキャリー」。3つ目は、幅広い用途に対応可能なポータブルな蓄電池「PPS」。そして4つ目は、定置型蓄電池及び非常用電源としても活用可能な充電ステーション型蓄電池「充電ロッカー」です。

カセット型バッテリーのユビキタス化を具現したエコシステムを社会へ提供する為に、バッテリー技術とICT・ビッグデータが融合した新しいインフラサービス事業を計画中です。 当社のインフラサービス「e-プラットフォーム」により、e-モビリティの普及、無理のない災害対策、大型蓄電池の低コスト化及び、エネルギーの有効活用などが同時に実現できる、次世代型スマートシティとビジネスモデルの提案を追求していきます。

当社の製品とインフラサービスを通して、人々の再生可能エネルギーへの興味と理解の向上のみならず、実際の普及に向けて関与して頂くことを切に願っております。

PAGE TOP